2020年1月29日

日本製鋼所 素形材・エネルギー事業部門を分社化 社名は「日本製鋼所M&E」に

日本製鋼所は28日、同日開催の取締役会において、2020年4月1日付で素形材・エネルギー事業部門と風力発電機器保守サービスの技術部門を会社分割によって、同社100%子会社である日鋼MECに承継させるとともに、日鋼MECが日鋼機械センターと日鋼検査サービス、J―Winの3社を吸収合併することを決めたと発表した。

日本製鋼所が日鋼MECに分割承継させる部門の規模は連結売り上げベースで412億5100万円。一方、吸収合併に関しては日鋼MECを存続会社とし、日鋼機械センター、日鋼検査サービス、J―Winを消滅会社とし、日鋼機械センターと日鋼検査サービス、J―Winは解散する。

日鋼MECは今回の再編に伴い、20年4月1日付で社名を日本製鋼所M&Eに変更するとともに、北海道室蘭市内に本店を置く予定。資本金は40億円で、社長には岩本隆志・日本製鋼所取締役が就く。

東日本大震災以降は、世界各国のエネルギー政策見直しに伴う原子力発電所建設計画の中止・中断が続き、地球温暖化問題を背景とした石炭火力発電所への投資抑制も進んだ。これらの影響を受け、日本製鋼所では素形材・エネルギー事業の収益の柱であった原子力・火力発電所向け部材の市場縮小と、それに伴う競争激化等から同事業の収益力改善が課題となり、室蘭製作所を中心とする組織再編を検討。今回の再編で組織最適化、事業再構築、一体運営による収益力向上を図り、同事業の現状規模での安定黒字体制確立を目指す。

日本製鋼所は室蘭製作所を中心とした素形材・エネルギー事業に関し、グループ組織再編に伴う新会社設立の検討を開始すると、18年9月26日に発表していた。

おすすめ記事(一部広告含む)