2020年2月5日

関東地区 鉄スクラップ相場続落

 関東鉄スクラップ相場が続落した。在庫水準が高まり、4日入荷分から東鉄・宇都宮が買値をトン500円引き下げた。1月25日の相場反落以降、同工場の買値引き下げは4度目。累計下げ幅はトン2000円。地区メーカー・シッパーもおおむね追随したことで関東相場は下落した。

おすすめ記事(一部広告含む)