2020年3月6日

JFE鋼材 中国事業所 厚板加工体制を強化

 JFEグループの中核シャー、JFE鋼材(石原慶明社長)は、中国事業所(広島県福山市、三浦弘樹所長)で厚板加工体制を強化する。同社初となるファイバーレーザー加工機を導入するほか、老朽化したガス溶断機2基を更新し、加工能力を引き上げる。3月10日から1基目のガス溶断機の入れ換え工事を始め、5月の連休明けには一連の工事を完了する計画。並行してCAD/CAMシステムも一新する。2020年度後半には、再び増加する見通しの建築鉄骨向けの加工需要に応える狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)