2020年3月13日

特殊鋼流通、M&Aの動き活発化 背景に後継者不足問題

特殊鋼流通で経営者の高齢化や後継者不足問題などを背景に、商社や同業他社によるM&Aや事業承継等の動きが進んでいる。中小規模の企業が大半を占める同業界では、将来的な特殊鋼の国内需要と事業展開を見据えたうえで、より規模の小さい零細企業や加工業者などで廃業するケースが近年増加。政府が事業承継の円滑化を盛り込んだ法改正案を閣議決定するなどのサポート体制も整いつつある中、「シナジーが見込まれるのであれば積極的に行いたい」(流通筋)との声もあり、今後その流れはより拡大する可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)