2020年3月13日

中国鋼材需要正常化は遠く 自動車工場、再稼働も販売不振か

 新型コロナウイルスの影響で停止していた中国の日系自動車工場が動きだしているが稼働率は低く、鋼材需要の回復が遅れている。いずれの日系自動車工場も1直体制。来週に2直に戻す工場もあり、生産台数は増える見通しだが、「販売台数が伸びず、自動車生産が調整されかねない」(上海の日本鉄鋼関係者)。一部商社のコイルセンターは稼働率が上がってきたものの約6割にとどまる。自動車の販売と生産の増加速度は鈍く、鋼材需要の正常化にはなお時間を要する見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)