2020年3月16日

小野建・名古屋 一貫加工体制を整備

 小野建の名古屋営業所(名古屋市中村区、伊藤義昭所長)は市内港区の名古屋倉庫に、ファイバーレーザー加工機など鋼板の切断から曲げ、ショットブラスト加工までを行う設備を導入、一貫加工体制を構築し16日から稼働を開始した。需要家からの納期短縮、後工程省略といったニーズへの対応力を強化することが主目的で、従来以上にきめ細かな対応により、東海圏の顧客件数目標を1000件程度に引き上げていく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)