2020年3月16日

日鉄テックスエンジ、生産現場デジタル化強化 DX推進部新設

 日鉄テックスエンジは4月1日付で電計事業本部システムソリューション事業部に「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進部」を新設する。親会社の日本製鉄が4月にデジタル改革推進部を新設するのに対応するとともに、生産現場のデジタル化など外販の強化につなげていくことが狙い。データサイエンス、オペレーションズリサーチ、インテリジェントコミュニケーション、システムイノベーションの4グループ体制で、数理最適化ソリューションやシステム制御などのSE系の人材を中心に約30人で組織する。AI(人工知能)、次世代移動通信技術の5G、大容量のデータ蓄積を可能にするクラウドなどの最新技術を使い、エンジニアリング力の向上や生産現場のデジタル変革を図ろうとするもので、システム子会社のテックスエンジソリューションズやグループ会社の日鉄ソリューションズとの連携も深化させたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)