2020年3月23日

東海鋼材工業、橋梁用罫書き装置更新

 東海地区の日本製鉄連結子会社、東海鋼材工業(本社=愛知県海部郡飛島村、北村光章社長)は、橋梁用罫書き専用装置1基を更新し、今週から稼働を開始した。老朽更新と併せ、罫書き方式をパウダーマーキングからインクジェット方式に変更し、罫書きに加え印字も可能とした。設備の稼働安定化を図るとともに、罫書き、印字品質や生産性を高めるほか、鋼板上作業をなくすことで安全性の向上も図った。

おすすめ記事(一部広告含む)