2020年3月27日

新報国製鉄、新製品開発・拡販に注力

特殊合金の鋳鍛造メーカー、新報国製鉄は新製品の開発・拡販に注力する。同社は前中期経営計画(2017年12月期―19年12月期)で研究開発体制を拡充し、低熱膨張合金や耐熱鋼など近年開発した新製品の需要家への採用を進め、低熱膨張合金は航空機用CFRP金型用で一部メーカーへの納入が始まっている。今期(20年12月期)以降は3D積層造形関連投資やゼロ膨張合金の高精度測定装置導入を検討するなど新製品事業開発を強化し、「半導体およびフラットパネルデイスプレー(FPD)」「シームレスパイプ用工具」に次ぐ収益の柱に育てていく方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)