2020年3月30日

十一屋工業、三重に新工場建設 ベトナム拠点 月産能力倍増へ

 【名古屋】鉄骨工事業の十一屋工業(本社=名古屋市港区、佐々木一道社長)は、三重県木曽岬町に新工場を建設する。18日に三重県庁内で県、木曽岬町と立地協定を締結し、用地を取得。新工場の建設で鉄骨の仕上げ、製品ストック能力を拡大し、今後拡張を予定しているベトナム工場からの鉄骨製品の受け入れ能力を引き上げることで、ベトナム工場の月産能力を現状比倍強の1000トンに高め、Hグレードの工場認定取得にもつなげていく。新工場は3棟の建屋を建設し、1棟目を本年末ごろまでに建設する予定。用地取得も含めた総投資額は約10億円となる見込み。

おすすめ記事(一部広告含む)