2020年4月1日

アベスチールパイプ、稼働を開始したねじ加工設備増強

 鋼管専門流通のアベスチールパイプ(千葉県浦安市、阿部秀雄社長)は、浦安本社のねじ加工設備を増強した。配管用鋼管(SGP・STPG)の管用テーパねじ加工機を増設するとともに、連続鋼管ねじ加工装置を新たに導入し、3月から稼働を開始した。鉄道や高速道路大型物流倉庫向けの設備配管需要が底堅く伸びているため、納期短縮と付加価値向上を図る。さらに災害復旧向け土木インフラ用配管も設置が急がれており、こうした需要にも対応する。

おすすめ記事(一部広告含む)