2020年4月16日

鉄リサイクル業界、独自のコロナ対策着手

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が鉄リサイクル業界にも広がる中、営業活動の自粛だけではなく、ヤードの操業時間短縮や出社人員の削減といった個別の対応が徐々に広がり始めている。新型コロナ禍の出口が見えず、先行き不安を抱える経営者も多いが、「社員やその家族の安全を守る上でも可能な限りの対策を講じるべきだ」(ヤード筋)と危機感を強めている。

おすすめ記事(一部広告含む)