2020年5月26日

大同特殊鋼、磁石の新研究拠点開設

大同特殊鋼は26日、岐阜県中津川市に建設中だった磁石の研究開発拠点「中津川先進磁性材料開発センター」(松村康志センター長)が完成、25日に修祓式を行い、運用を開始したと発表した。今年1月に、中津川市が所有する旧中津川高等技能専門校跡(敷地面積2万4163平方メートル、建屋面積3669平方メートル)を正式に譲り受け、既存建物を整備活用する形で、着工後わずか4カ月超で開所にこぎつけた。投資額は土地建物購入費、研究開発設備を合わせ約15億円。

おすすめ記事(一部広告含む)