2020年6月4日

関西地区 Ni系ステンレス冷延薄板市況、1万円方下落

 関西地区のニッケル系ステンレス冷延薄板市況は、今月始めまでに1万円方下落した。仕入れ価格が下押しする中で、4月以降下値が広がり、中心値が切り下がった。新型コロナウイルス感染拡大の影響などから需要が低迷する中、地合いの緩和した状態は続いているが、採算面からも市中の流通筋は強い売り腰を維持しており、現状以上に安値筋が拡大することはないものとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)