2020年6月29日

新関西製鉄、全品種販価5000円上げ

新関西製鉄(本社=堺市、田邊寛隆社長)は26日、7月契約分からの製品販売価格を店売り・ひも付きとも全品種(平鋼・角鋼・丸鋼・I―BAR・異形鋼など)でトン当たり5000円引き上げると発表した。値上げは2018年9月契約分以来、1年10カ月ぶり。新型コロナウイルスの影響による大幅減産で固定費がかさむ中、鉄スクラップ価格の急騰や副原料・副資材価格の高止まりを受けて値上げに踏み切った。

おすすめ記事(一部広告含む)