2020年7月9日

鉄スクラップ、関西以西で続落

 鉄スクラップ相場が関西以西で続落した。輸出価格や関東相場よりも高値で推移しており、下げ圧力が強まった。ただ、HSや新断スクラップなどの上級品種が荷余りしているのに対し、H2を中心とした一般ヘビースクラップについては「供給に陰りが出つつある」(流通筋)との声もある。特に大阪では鉄スクラップ共同輸出の船積みも控えており、市中では「需給面などを勘案すれば下げ余地は大きくない」(ヤード筋)とみている。

おすすめ記事(一部広告含む)