2020年7月14日

異形棒鋼6万円で足踏み 関西流通、身動き取れず

 関西地区の異形棒鋼市況は6万円(トン当たり、ベースサイズ、メーカー直送)どころで足踏み状況となっている。メーカーは製品値上げの貫徹を目指しているが、ゼネコンから流通への引き合いは極端に少なく、流通は価格面で身動きが取りづらくなっているため。市場では「8月の旧盆休みから9月頭までは新規商売がほとんど出ず、市況も現行水準で停滞するのではないか」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)