2020年7月20日

5月鋳鋼生産、70年ぶり1万トン割れ

日本鋳鍛鋼会がまとめた2020年5月の鋳鋼(全国63工場)と鍛鋼(同17工場)の生産実績によると、鋳鋼が9340トンと前年同月比29・8%減(3968トン減)、鍛鋼は2万8711トンと同41%減(1万9959トン減)となった。鋳鋼は18カ月連続、鍛鋼は15カ月連続でそれぞれマイナスとなった。鋳鋼が1万トンを割ったのは1950年9月以来、鍛鋼が3万トンを割り込んだのは1966年2月以来で、近年で最低水準となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)