2021年2月17日

20年鋳鍛鋼生産2割減 コロナで需要落ち込む

日本鋳鍛鋼会がまとめた2020年の鋳鋼(全国63工場)と鍛鋼(同17工場)の生産実績によると、鋳鋼が12万1678トンと前年比20・5%減(3万1286トン減)、鍛鋼は45万4824トンと同22%減(12万8369トン減)となった。鋳鋼、鍛鋼ともに2年連続のマイナス。需要は米中貿易摩擦の影響などに加えて、新型コロナウイルス感染症によってより一層落ち込んだ。

おすすめ記事(一部広告含む)