2020年7月22日

東京製鉄、4―6月経常益17%減

 東京製鉄が22日に発表した2020年4―6月期の単独経常利益は、前年同期比17・5%減の35億3300万円となった。2期ぶりの減益。今村清志・常務取締役営業本部長は、「4―6月期はホットコイルの輸出が堅調に推移するなど、期初想定よりも数量の落ち込みが小さかった。新型コロナウイルス感染症影響は6月以降の生産に出ていると思う。国内建築へのコロナ影響は本格的には21年以降になるとみている」とコメントした。

おすすめ記事(一部広告含む)