2020年8月27日

国内最大級水素ステーション 日鉄P&EがENEOSに引渡し

 日鉄エンジニアリンググループの日鉄パイプライン&エンジニアリングは27日、ENEOSから受注した「東京大井水素ステーション」(所在地=東京都品川区)を竣工し、同社に引き渡しを行ったと発表した。この施設は、国内最大級の水素ステーション。首都圏の水素供給体制の強化を目的としており、将来的な水素供給のベース基地となる。燃料電池自動車(FCV)や東京都が導入を推進している燃料電池バス(FCバス)への水素供給に加え、トレーラー輸送による首都圏向けの水素ステーションへの出荷機能を有するなど、大規模で安定した供給を可能とする2系統の水素製造装置を備える。

おすすめ記事(一部広告含む)