2020年8月28日

石狩湾新港管理組合 釧路港管理者と意見交換 鉄スクラップ大型輸出実現向け

 鉄スクラップの大型船が接岸可能な岸壁の整備を目指す石狩湾新港管理組合(北海道石狩市)は26日、釧路市港湾庁舎を訪れ釧路港関係者と意見交換を行った。同じ道内で鉄スクラップの2港積みによる連携を模索するもので、石狩湾新港管理組合から清野馨振興部長、釧路港側は同市水産港湾空港部の吉田英樹部長が出席。日本鉄リサイクル工業会から小場泰知港湾委員長(マテック専務)、駒谷僚北海道支部長(鈴木商会社長)が同席した。

おすすめ記事(一部広告含む)