2020年9月29日

異形棒市況、関東で上昇に転じる

 関東地区の異形棒鋼市況は前月比でトン1000円方上昇した。鉄スクラップ価格の騰勢を背景に電炉メーカーが価格重視の姿勢を鮮明にし、商社・流通各社が価格転嫁の姿勢を強化。需要環境は低調だが、製販ともに価格改善が必須の状況にあり、売り腰を強めている。

おすすめ記事(一部広告含む)