2020年10月12日

高砂建材、新工場が稼働 合成セグメント生産を開始

高砂建材工業(本社=大阪府和泉市、藤田憲一社長)は9月中旬から、大阪スチールセンター(大阪市大正区)で合成セグメントの生産を開始した。関西地区でセグメント工事の増加が期待されることに対応したもので、今後は工場作業員の増員や習熟度の向上を図り、稼働率を引き上げる。11月には月間80リングの合成セグメントの製作を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)