2020年10月26日

東京地区の冷延鋼板、やや上伸力欠く

 冷延鋼板は強含み。市中価格(ベースサイズ、トン当たり)は7万6000―7万7000円。  流通業者は薄板全般の需給バランスの引き締まりを受け、唱え上げに注力しているが、品薄感の強い熱延鋼板や酸洗鋼板に比べると、やや上伸力を欠く展開となっている。自動車向けの需要は回復してきたが、店売り市場で主力となる建築や鋼製家具向けが低調に推移しており、実需の回復の遅れも足を引っ張っている。

おすすめ記事(一部広告含む)