2020年11月18日

根津鋼材、DX推進 リモート・非接触業務拡大

大手コイルセンターの根津鋼材(本社=東京都荒川区、根津訓光社長)はデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、リモートや非接触で対応できる業務を拡充した。これまでに自社開発したさまざまなシステムを“つなげる”ことで、業務フローを刷新し、新型コロナウイルス対策にも寄与している。2021年8月期から始動した3カ年中期計画では、中期テーマに「N―CONNECT(コネクト)」を掲げ、こうしたデータ活用を加速させる方針で、受注から加工、出荷、配送まで全てが一気通貫で流れるシステムの構築に挑む。

おすすめ記事(一部広告含む)