2020年11月30日

東京製綱、CFCCが米で採用 海上橋梁の緊張材など

 東京製綱は、グループ会社の東京製綱インターナショナルの炭素繊維複合材ケーブル(CFCC)が米国バージニア州で進行中のハンプトンロードブリッジトンネル拡張事業に採用されたと発表した。受注量は緊張材が3926キロメートル、補強筋が1524キロメートルの合計5486キロメートル。販売見込み額は約40億円。

おすすめ記事(一部広告含む)