2020年12月17日

永和金属、経営基盤を強化 加工設備順次更新 基幹システム刷新へ

 兼松トレーディンググループのステンレス・チタン流通、永和金属(本社=大阪府豊中市、原田恵一社長)は、2021年度以降、基幹システムの刷新や鋼材切断加工機の更新、さらに本社事務所・倉庫の移転など、各種見直し策を進める。グループ内でのステンレス・チタン事業モデルを永続していくため、需要先に根差した経営を心掛けながら、10年、20年後のステージを見据えて経営基盤の強化を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)