2020年12月23日

11月粗鋼生産、726万トン 需要回復で減少幅縮小

 日本鉄鋼連盟が22日に発表した鉄鋼生産速報によると、11月の粗鋼生産量は726万4200トンと前年同月比5・9%減り、9カ月連続減少した。自動車分野を中心とした製造業の需要回復を受けて高炉メーカーが一時休止した高炉を再稼働させ、減少幅は縮小した。前月比は0・9%増と5カ月連続増加した。減産や改修工事で休止する高炉がなお複数あり、2020年暦年の粗鋼は2年連続で1億トンを割り、09年以来の8000万トン台となる見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)