2020年12月24日

鈴覚・米子会社、鋼管加工用ファイバーレーザー導入

 鈴覚(本社=浜松市南区、鈴木格徳社長)は、米国子会社「SUZUKAKU USA」(ジョージア州)に鋼管切断加工用のファイバーレーザー加工機を導入する。同国で四輪バギー車(ATV)を生産する日系現地法人向けの試作品製造などに対し、金型の不要化などを図ることでより多様なニーズに対応する。導入時期は2021年12月期中の見込みで、米国の堅調なATV市場への供給力を一段と高めていく。

おすすめ記事(一部広告含む)