2020年12月24日

APB、高密度蓄電池開発で協業 成層圏通信向け

次世代型リチウムイオン電池の全樹脂電池を開発するAPBは24日、ソフトバンク子会社のHAPSモバイルが開発する成層圏通信プラットホーム向け高密度蓄電池開発で協業することで基本合意したと発表した。JFEケミカルが出資、負極材を供給するAPBは、インフラのない地域に高速通信サービスを提供する次世代通信を支える大容量、軽量の蓄電池をソフトバンク系企業と開発する。

おすすめ記事(一部広告含む)