2021年1月19日

共英製鋼、異形棒4000円値上げ

 共英製鋼は18日、1月後半販売分の異形棒鋼価格を全事業所とも前半分からトン当たり4000円引き上げ、同8万2000円にすると発表した。新型コロナウイルスの影響で電炉主原料の鉄スクラップ発生量が世界的に落ち込む中、中国の輸入解禁などから鉄スクラップ価格が高騰。追加値上げも行った昨年12月販売分、1月前半分に続く値上げで採算改善を急ぐ。

おすすめ記事(一部広告含む)