2021年1月21日

三木工業材料、中径鋼管開先機を導入

 三木工業材料(本社=兵庫県三木市別所町、三宅真紀子社長)は、本社倉庫のバンドソー1基の更新と中径サイズの鋼管用の開先機1基の増設を行い、今年1月から両設備を本格稼働させた。バンドソーは設備の老朽化に対応したもので、一方の開先機導入は従来、外注に出していた中型サイズの丸・角管の加工を社内に取り込み、加工のワンストップ機能を充実させるのが狙い。今後も地域顧客の加工ニーズにきめ細かく対応し、全社の加工量を現状の月間200―300トンから順次、引き上げていく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)