2021年1月26日

柏商工、お笑い観劇会開催 「『リアルの空気感』大切に」

 東海地区の有力コイルセンター、柏商工(本社=愛知県東海市、長谷川慶太社長)は24日、取引先や社員、家族など35人で、東海市芸術劇場で開催された「笑う劇場・吉本新喜劇&バラエティ」を観劇した。

 同劇場で毎年1度行われているイベントで、同社ではその観劇会を恒例事業として開催している。当日は川畑泰史氏や間寛平氏などが出演する吉本新喜劇、中川家、とにかく明るい安村などが出演するバラエティ・ショーが行われ、参加者は2時間余り笑い通しの楽しい時間を過ごした。

 長谷川社長は「新型コロナウイルス禍でも観客は多く、生活に制限がかかる中で精神的ストレスも大きかったはず。中川家や寛平ちゃんのネタで笑う客席を観て、画面越しと異なる『リアルの空気感』が把握できた。事務処理・会議・営業・交渉に工場稼働までリモート化が進む中で、この『リアルの空気感』をつかむ感性だけは決して衰えさせてはならない」とコメントした。

おすすめ記事(一部広告含む)