2021年1月29日

4―12月業績 共英製鋼 経常益22%減 鋼材スプレッド縮小響く

共英製鋼が29日発表した2020年4―12月期の連結決算は、経常利益が前年同期比22・7%減の115億7700万円だった。新型コロナウイルスの影響による先行き不透明感などから国内の建設用鋼材需要が低水準で推移する一方、電炉主原料となる鉄スクラップ価格が昨年11月から急騰。利益の源泉となる鋼材スプレッド(製品価格と原材料価格との差)が縮小した。

おすすめ記事(一部広告含む)