2022年2月1日

4―12月 共英製鋼、経常益28%減

 共英製鋼が31日発表した2021年4―12月期の連結決算は、経常利益が前年同期比27・8%減の82億7700万円だった。新型コロナウイルス禍で国内需要が鈍る中、電炉主原料となる鉄スクラップ価格の高騰により、利益の源泉となる鋼材スプレッド(製品価格と原材料価格との差)が縮小。海外鉄鋼事業が業績を下支えしている。

おすすめ記事(一部広告含む)