2021年2月2日

松山鋼材 胴縁、溶接レス新工法 トーネジ製ボルト活用

胴縁など鉄骨二次部材を製造・販売する松山鋼材(本社=千葉県旭市、向後賢司社長)は1日、胴縁製品の溶接レスを実現する「b・b工法」を発表した。自社で特殊な鋼材加工を施した上で、アングルピースの固定時にトーネジ(本社=茨城県つくば市、岡部純社長)製のDロックボルトを活用。自社開発の特殊ボルトを用いた胴縁製品とともに「みけどうぶちHYBRID工法」と位置づけ、営業提案時のラインアップを拡大している。

おすすめ記事(一部広告含む)