2021年2月4日

韓POSCO、CO2実質ゼロへ 水素還元など開発急ぐ 製鉄上工程を大幅転換

韓国のPOSCOは2050年の二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロを掲げ、水素還元製鉄など技術開発を急ぐ。石炭を使った新製鉄法、FINEXを通じた部分的な水素還元の先に、発展形の完全水素還元製鉄、HyREXによる排出ゼロの道筋を描く。大型高炉の効率操業など高炉一貫製鉄で競争力の高いPOSCOだが、得意としてきた高炉、転炉の上工程からの大規模なプロセス転換を進める方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)