2021年2月8日

神戸製鋼、経常赤字100億円に縮小

 神戸製鋼所は5日、2021年3月期の連結経常損益予想を100億円の赤字とし、前回予想した350億円の赤字から上方修正したと発表した。昨年夏以降で自動車を主体に需要が回復しており、鉄鋼やアルミ、素形材など素材系事業を中心に販売数量が増加した。加えて、緊急収益改善などのコスト削減の積み増しなどで、経常損益は前回予想に比べて250億円改善する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)