2021年2月8日

鉄連、CO2排出削減目標1年前倒し達成

 日本鉄鋼連盟は8日、2019年度の二酸化炭素(CO2)排出量が20年度の削減目標を前倒しで達成したと発表した。05年起点で技術導入がなかった場合(BAU)比でCO2排出330万トン減だった。自家発電設備の効率化などの取り組みが寄与した。20年度目標への途上だが、新型コロナウイルス禍の大幅減産の20年度のBAU比評価は適切でないとして19年度でひと区切りを付ける。設備構造改革などで前提が大きく変わる30年度目標を含めて今後新たな目標を設定し、改めて温暖化対策に取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)