2021年2月9日

日本鋳鉄管 水道管路劣化のAI診断、兵庫・朝来市に初導入

 日本鋳鉄管は8日、AIを使った水道管路劣化診断について、兵庫県朝来市に全国で初めて本格導入すると発表した。米フラクタ社と開発した「環境ビッグデータとAIを用いた水道管路劣化診断技術」の実証検証を進め、今回、朝来市上下水道課と水道管路劣化診断業務委託契約を締結した。同社は「更新投資の最適化が可能となり、ひいては管路全体の長寿命化、SDGsの向上に資する」と期待を寄せている。

おすすめ記事(一部広告含む)