2021年2月10日

神戸製鋼の高機能抗菌めっき技術、コロナ感染力低下を確認

 神戸製鋼所は10日、20年前に開発しさまざまな用途で実用化を進めてきた「高機能抗菌めっき技術・KENIFINE」が新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の原因となる新型コロナウイルス(SARS―CoV―2)のウイルスの感染力を低下させることを確認したと発表した。

おすすめ記事(一部広告含む)