2021年2月12日

東鉄・宇都宮、鉄スクラップ6000円値上げ 過去最大の上げ幅

 東京製鉄は13日入荷分から宇都宮工場の鉄スクラップ購入価格をトン当たり6000円引き上げた。同社の1回の値上げ幅としては過去最大となる。同工場は1月26日―2月10日まで冬季修繕に伴う炉休を実施しており、需要減を受けて1月14日から29日にかけて鉄スクラップの買値を累計トン当たり1万3000円値下げしていた。

おすすめ記事(一部広告含む)