2021年2月15日

半導体不足で車計画一部下振れ 特殊鋼への影響軽微

 かねて懸念されている半導体不足による自動車生産の動向を受けた、中部地区特殊鋼メーカーの1―3月の生産への影響がごく軽微になることが明らかになってきた。一部自動車メーカーに生産台数の下振れが見られるものの産業機械関連需要も急回復している中、地区特殊鋼メーカーはフル生産水準を維持する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)