2021年2月16日

厚板販売3カ月連続増 東鉄連11月調査、前月比2.7万トン

東京鉄鋼販売業連合会厚板部会がまとめた11月分の在庫販売量調査によると、会員12社の販売量は前月比495トン、1・8%増の2万6938トンと増加し、3カ月連続のプラスとなった。在庫量は同1139トン、2・5%減の4万5016トンと減り、8カ月連続で前月実績を下回った。1社平均の販売量と在庫量は、それぞれ同41トン、1・2%増の2245トン、同95トン、2・5%減の3752トンだった。新型コロナウイルス禍で厚板需要が低水準で推移する中で、経済活動の伸展で販売量を戻している。販売の伸びと、メーカーからの供給減もあって在庫量は圧縮された。

おすすめ記事(一部広告含む)