2021年3月1日

小野建 石川の大型倉庫が完成 北陸営業所移転 月販3000トン計画

小野建は今年2月に石川県白山市水澄町に北陸営業所の新大型倉庫を建設、きょう3月1日から倉庫業務を開始する。営業所も金沢市内から新大型倉庫内に移し、3月8日から新事務所で営業・事務作業をスタートさせる。今回の自社倉庫の建設は北陸地区の顧客向けの材料供給を小口・短納期でできる体制を構築するのが狙いで、鋼材在庫は将来的には1万トン程度を予定している。同社としては北陸地区で初めてH形鋼を在庫し、これ以外には従来の在庫品種の一般形鋼、フォーミング製品、鋼板類などを幅広く品ぞろえする。自社便は4台配置し、販売数量の増加に応じて、増車する。販売は石川、富山エリアのユーザー向けが主体で、販売数量目標は当初、月間約3000トンを計画している。

おすすめ記事(一部広告含む)