2021年3月10日

葵商店、効率加工体制を強化 岡崎でシャー集約 物流整流化へ

メタルワングループの地区有力コイルセンターである葵商店(本社=愛知県岡崎市牧平町、南塚優社長)は、企業体質の強化を進めている。岡崎工場(岡崎市大幡町)内で2棟に分かれていたシャーリング設備を1棟に集約。今後、構内物流の整流化を図り、物流効率も引き上げる計画で、当面は5%程度の効率化を目指す。賃貸倉庫を売却し資産圧縮を図りながら、ハイテン材加工など得意分野への経営資源の集中投入を可能とする体制構築で、数量減少下にも確実な収益の確保を目指していく。

おすすめ記事(一部広告含む)