2021年3月12日

鉄スクラップ、40日ぶり反落 関東、輸出成約難で需給緩む

関東の鉄スクラップ相場が約40日ぶりにトン当たり500円反落した。船舶不足・海上運賃上昇の影響で新規輸出成約が難航。地区電炉メーカーへの入荷が回復して需給が緩んだ。11日から電炉大手の東京製鉄・宇都宮工場は鉄スクラップの買値をトン500円引き下げた。同工場の値下げは1月29日以来約40日ぶり。地区電炉やシッパーにも値下げの動きが波及しており、荷止め対応も散見されることから、今後も弱い基調が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)