2021年3月17日

縞鋼板市況 関西で10万円台回復へ

関西地区の縞鋼板扱い特約店はメーカーの製品値上げを受けて、売値を引き上げており、現在、市況は9万8000―9万9000円(厚み4・5ミリの4尺×8尺サイズ)どころを高値寄りで推移している。近日中に10万円の大台に回復する方向。ただ、メーカーの値上げ幅は大きく、特約店サイドはさらなる売値の改善が必要との認識で、今後は各社が早急に10万5000円前後までの市況回復を目指していく方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)