2021年3月22日

Ni系ステンレス棒鋼市況 関東で2年半ぶり上伸

 関東地区のニッケル系ステンレス棒鋼市況は前月比1割上伸した。原料価格の上昇とそれに伴うメーカー契約価格の引き上げを受け、流通各社は販売価格への転嫁を進めていた。関東地区の市中相場はSUS304ベースサイズでトン当たり57万―58万円。市況上伸は2018年9月以来およそ2年7カ月ぶり。

おすすめ記事(一部広告含む)